走れ!ピンク・レディー〜pinklady-MagicalKiss〜

”いつでもどこでもピンク・レディー”今年はピンク・レディーの活躍と同時期に活動したアイドルもこちらに掲載していきます。

ブログパーツUL5
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
SPONSORED LINKS
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
透明人間
1978年9月9日発売

作詩:阿久 悠
作曲・編曲:都倉俊一

B面
スーパーモンキー孫悟空
作詩:阿久 悠
作曲:都倉俊一
編曲:田辺信一


100位以内22週
10位以内12週
3位以内8週
最高位1位4週(売上115万枚)

今日は秋風を感じる日です
よく晴れていい天気

今から31年前の今頃、この曲は発売されました。
極めたと一言いえる楽曲の発表に当時のファンたちの間では賛否両論を繰り広げられていたのではないでしょうか?

あれから30年余りたってみると名曲だなと感じるはず

楽しくて派手で聴きやすいそして何より自己主張の強い個性

ある種みんなが憧れている世界観
だって〜透明人間なんて想像するだけで楽しいじゃん

それを現実に音として映像として目の前に現れた瞬間
一瞬引いてしまうような感性とその反動からくる興味
恐いけど覗いてみたい・・
そんな世界観を楽しく描いた秀作だと思います。

前作「モンスター」から3ヶ月同じような路線といえばそうだけどやはりこの曲の誕生はピンク・レディーにとってある種転機となったのです。
そういえば香坂みゆきさんのセカンドアルバムに「透明人間」という曲があるんだけどそちらは単純にアイドルらしい曲でした。
まったくの別物

この曲で思うことは歌詞もそうだけど都倉さんの楽曲の素晴らしさが特に目立ちます。
最初シリアスにスタートしたかと思うと一転メジャーコードガンガンに飛ばしていきます。

最後の「消えます」といって忍者のようにドロンと消える振付も味わいがあります。
歌って踊るスタイルでヒットを出そうと思えば明確なテーマが必要
そのテーマがハッキリ伝わってくるのがピンク・レディーの楽曲なのです。

その明確なテーマの代表格にこの「透明人間」は存在するのだと思います。
JUGEMテーマ:音楽
 
評価:
ピンク・レディー
ビクターエンタテインメント
¥ 2,309
(2009-09-16)
コメント:待望のシングル完全コレクション後期のB面には名曲多数なのでホントに嬉しい今の季節「カトレアのコサージ」や「愛しのニューオリンズ」などがオススメ

70年代を彩るアイドルたちの競演
 今月から来月にかけてピンク・レディーが時代だった頃のアイドルたちのゴールデン☆ベストが続々発売される。
それも当時のシングルを全部モーラしたものばかり。
特に百恵とピンクの対決が面白い
特に当時、デッドヒートを繰り広げた両者のシングル全曲収録という共通点が偶然の一致。
百恵は+αというのが憎い演出である。
ピンクの場合、永い間後期のB面がお蔵入り状態だったので、久々のCD化はホントうれしいところです。
桜田淳子、岩崎宏美共にA面を全曲収録したものを発売されるし、それはそれは70年代のヒットの宝庫が発売されるわけで、ホントうれしい限りですなあ

評価:
ピンク・レディー
ビクターエンタテインメント
¥ 3,000
(2009-09-16)

評価:
桜田淳子
ビクターエンタテインメント
¥ 3,000
(2009-09-16)

わたしの首領
JUGEMテーマ:音楽
 石野真子
78年「狼なんか怖くない」でデビュー
出身はピンク・レディーと同じスター誕生
レコード会社も同じビクターである。

そんな彼女とピンク・レディーの共通点はもうひとつ作詩が阿久悠だということ

タイトル「狼なんか怖くない」からわかる。
ピンク・レディーのS.O.Sで男は狼なのよ〜と歌われているように同じ題材なのだ。
でも、今回の場合、そんな狼でも好きな男なら大丈夫とピンク・レディーの発するS.O.Sへのアンサーにもなっているのだ。

彼女のシングルでもっとも好きな曲が第2弾「わたしの首領」
ピンク・レディーでいえば、モンスターの頃

何度も何度も聞いた曲である。

今、聞いても当時の思い出が蘇ってくる1曲なのです。

詳しいことはHPに記しています「この曲に・・・」のコーナー

久しぶりに石野真子ちゃんの名曲を聴いてみたものです。
評価:
石野真子
ビクターエンタテインメント
¥ 2,226
(2008-08-20)
コメント:80年代への先駆け的アルバムアイドルとニューミュージックの融合です。

キャッツ★アイ
76年ピンク・レディーの登場とともにピンク・レディーに追いつき追い越せというB級亜流のデュオやらグループやらが多数登場した。
そんな中、そうだなあ77年の春頃かなあ
キャッツ★アイっていうデュオがデビューした。

今やものまね番組ってその道のプロがやるけどあの頃はごく普通の歌手たちもそろってものまねをやっていたなあ
このキャッツ★アイももちろんピンク・レディーのマネをしていた。
その衣装でCMなんかもやってた記憶がある。
どうみてもピンク・レディーだなあと想ってはいました。
ミーとケイならぬノンとナナだったと記憶してます。

曲は「アバンチュール」ってのがデビュー曲で2曲目が「めっきり冷たくなりました」
だったと思います。あ・・導火線てのも覚えてるタイトルだけはね。
歌はどれもまったく覚えてません。振りもね。
なんかキャッツ★アイっておったなあ・・て感じですけど・・・
でも、ピンク・レディーがその年の秋「ウォンテッド」を歌ってる頃にはもう姿を拝見しなかったと想うけど・・ってことはわずか半年くらいだったのかなあ・・・。


今CDなんか復刻してるんだろうか?
でもまあ曲がそんなにたくさんないからなあ・・
↓ありました〜
キャッツ★アイVSキューピット コンプリート・コレクション
キャッツ★アイVSキューピット コンプリート・コレクション
キャッツ・アイ,キューピット,藤公之介,B.アンダーソン,J.FARRAR,伊藤アキラ,荒木とよひさ,橋本淳,麻生香太郎,S.アンダーソン
でも、現在お取り扱いできませんだって・・残念

僕の中ではこのキャッツ★アイ
何故か胸が熱くなったことを覚えてるんです。
CCガールズの2人版みたいな印象でそりゃあご本家「ピンク・レディー」より美人だったような・・だからこそ逆にきれいすぎて面白くなかったのかも知れない。(笑)
(ピンク・レディーも美人ですよ〜  弁解?笑)

ピンク・レディーを目指したけど、結局ミーとケイにはなれなかったキャッツ★アイ
何年か後にアニメ主題歌で「キャッツ・アイ」がヒットしたとき、何故かこの二人組が脳裏を掠めたことは事実です。
70年代の二組
ピンク・レディーといえば、阿久-都倉コンビ
そして久しぶりにこの方の登場です
山口百恵
彼女はピンク・レディーが登場した76年から阿木-宇崎コンビによる楽曲が彼女の作品の大半を占めるようになってきました。

阿久悠氏の他界で昭和を飾った名曲たちが多く耳に聴こえてくる中、彼女「山口百恵」の曲は1曲も取り上げられませんでした。
阿久先生は彼女「山口百恵」に1曲も曲を提供していなかったからです(みんな知ってるか?)
ただ、「阿久悠を歌った100人」というコンピレーションには初恋時代という曲が収録されています。でも、それは彼女だけの歌ではなく、昌子、淳子、百恵と花の中三トリオの映画の曲だったので、三人で歌っていたものでした。
百恵一人で歌ったバージョンのものを収録しているというわけなのです。
阿久悠を歌った100人「私の青い鳥」
阿久悠を歌った100人「私の青い鳥」

ところが、ピンク・レディーを手掛けたもうひとり都倉俊一先生となるとことは違います。
なんたって、ピンク・レディーが出てくるまで初期の作品は都倉先生のものだからです。
カメレオン・アーミーのイントロとひと夏の経験のイントロが同じなのも面白い事実ですね。
どちらの曲もエポック・メイキングな曲でした。
百恵にしろ、ピンクにしろ、どちらの曲もサウンド的には斬新なイメージがありました。
今までにないタイプの曲
どこかに曲展開でメリハリがあって、なおかつキャッチー覚えやすい
当初あまり期待されていない二組が昭和の歌謡史に燦然と刻まれるなんて、どちらも都倉先生の曲でなかったら・・・どうだったんだろう・・と思います。

73年から百恵を76年からピンクを
そんな事実に目を向けられるのも都倉先生の作品集が発売されたからでしょう。

70年代後半、猛烈なデッドヒートを繰り広げた両者の共通点
そんな事実に今、あの時代を知っていてよかったなあと感じる僕なのです。
ささやかな欲望 (初回生産限定盤)
ささやかな欲望 (初回生産限定盤)
ピンク・レディー ベスト・ヒット・アルバム
ピンク・レディー ベスト・ヒット・アルバム
SONGS~都倉俊一作品集
SONGS~都倉俊一作品集


JUGEMテーマ:音楽


遂に発売-都倉俊一ソング集-
ピンク・レディーの楽曲を多く手掛けた方といえば阿久先生とコンビだったこの方都倉俊一氏
阿久悠氏の他界で何かと70年代の音楽が取り上げられていましたが、遂にこの方のコンピレーションが発売されることとなりました。
以下に書いている楽曲たちを見れば見事70年代を丸ごと!といった感じです。
特に彼が携わっていたスタ誕、NHKレッツゴー・ヤング関連の歌手たちへの提供が多いことに気がつきます。
天馬ルミ子さんや黒木真由美さん、渋谷哲平さんや太川陽介さん、なつかしいところでポップコーンなど僕にはドンピシャのラインナップとなっています。
欲をいえば、黒木真由美さんら3人で組んでいたギャルというスタ誕出身者で構成されたグループの歌った「薔薇とピストル」あたり聴きたかったけど都倉さんの作品じゃなかったっけ?
作詩は阿久悠さんでしたけどね。・・・ま、いっか・・
 阿久さんの人間万葉歌にはピンク・レディーの未発表のサウスポーが収録され話題を呼びましたが、僕的にはこちらの方が購買意欲が高まります。何故か。
ピンク・レディーファンの方にも興味深い商品だと思いませんか?
SONGS~都倉俊一作品集
SONGS~都倉俊一作品集

続きを読む >>
志村けんと桜田淳子の夫婦コント

70年代はアイドルがなんでもやった時代歌だけではなくコントもよくやってました。中でも、桜田さんと志村さんの定番コントはホント面白かったなあ今では芸能活動もされていないようですが、この方今でも活躍してたらいい女優さんになっていただろうなあと惜しい気もします。ピンク・レディーと同時期に活躍した方の中でも一番好きだったのがこの方でしたからね〜

ジャンピング・サマー・カーニバル

JUGEMテーマ:音楽


今日、九州地方は梅雨明けしました。
ここ4.5日暑かったのでそろそろかな?と思っていたので、待ってました夏本番です。
そんな暑い日にこの記事を書こうと思います。

1978年7月23日史上最大の音楽のイヴェントが行われました。
空前絶後の観客動員数を誇るピンク・レディー最大のライブ。

テレビカメラも空からはヘリコプターで彼女らの姿を捉え、興奮のステージの一部始終を記録しています。
4年7ヶ月の活動期間の中で最も興奮したステージでした。

当時のマスコミではピンク・レディーなしではテレビ番組は成り立たないとまで言われ数多くのライブがブラウン管を通して放送されましたが、中でもこの後楽園球場でのライブは後にも先にもピンク・レディーを語る上で非常に重要なライブとなりました。

オープニングはハリケーン〜ソウルトレインのテーマ。
この曲に合わせ2台のオープンカーで颯爽と登場したミーとケイ
ピンク・タイフーンの到来です。
会場中人・・人・・人
ものすごい観客の中、時代となったピンク・レディーのステージの幕はきって落とされたのでありました。
大勢のファンに精一杯アピールしながら会場をグルリ
続いて「忘れたいのに」を歌いながら(といっても多分口パクだと思います)ステージへ
ここから凄いエンターテインメントショーは始まります。
続いたラビン・ユー・イズ・キリン・ミーで大きくステップ
前後左右に大きなステップを刻みながら歌います。
この瞬間、我ながらゾクゾクするような鳥肌を覚えたものでした。
オーラというものがあるのだとするとこの時のピンク・レディーにはそれを越えた何かが彼女たちの周りを取り囲んでいるようにすら見えたのです。

次々に送り出されるパフォーマンスに観客は酔いしれるばかり
いくら時のスーパースターといえようともこの時の彼女たちのステージングには本当に凝縮されたものがありました。
リハーサル中にケイがダウンしたとも報じられましたが、そんなもの本番ですっかり吹き飛ばしています。
彼女たちの歌への想いがこの時多くの人たちの心を捉えた瞬間だったようにも思えます。
後半ディスコメドレーではサタデーナイトフィーバーのメドレーを
この時には単なる踊って歌うアイドル歌手の域を超えた素晴らしいパフォーマンスがお目見えしました。

ヒットメドレーの後、忘れたいのに でショーは終了
わずか1時間の中、時代となったピンク・レディーの大きなステージは世界の目にもとましました。
この後、世界進出を成し遂げるわけですが、二人の歌への想いは大きくなるばかり
時代をとりこにした彼女たちの必死に歌い踊る姿にはただ感動の一言に尽きると思います。

最後にこのライブの模様、是非商品化して欲しいと切に願います。
ピンク・レディーを語る上で絶対不可欠なライブのように思うから・・・
評価:
ピンク・レディー
ビクターエンタテインメント
¥ 1,500
(2006-08-23)

モンスター

作詩:阿久悠

作曲:都倉俊一

編曲:都倉俊一

B面 キャッチ・リップ

作詩:阿久悠

作曲:都倉俊一

編曲:田辺信一

最高1位(8週)

(100位以内20週 10位以内11週 3位以内10週)


売り上げ160万枚
この年の夏、快進撃を続けるピンク・レディーのニューシングルのタイトルは「モンスター」
モンスターという言葉が定着したのもそもそもこの曲のヒット以降によるものでした。
ということはピンク・レディーの大ヒットした曲の数々は日本の文化発展に大きく貢献したことになります。

UFOという曲で一種独特なピンク・レディーの歌の確立はされたわけですが、この曲の発売で「あ、ピンク・レディーはやっぱり子供たちをターゲットにしてるんだ」と思われた方が多かったのではないでしょうか?
UFOの場合も最初に聴いたタイトルから何か今までの歌謡曲にはない印象を受けましたが、歌詞の中のトリックがとても素晴らしく、UFOというタイトル以前にセクシーな歌詞がピンク・レディーという色気を感じていたと思います。
ただ、このモンスターになるとテーマ事態が怪物ということで非日常を描いていることが子供向けと捉えられたのかもしれません。
売り上げは相変わらずでしたが、この曲からチャート100位以内に登場する期間が大幅に短縮されています。

爆発的には売れるけど、落ちるのも早いといった状態が始まったのです。
でも、今考えてみると、100位以内に20週もランクされているということは、約4ヶ月間ランクインしていたのですから、やはり驚異的です。
それまでがあまりにも凄すぎたのですからね。一年間のほとんどの期間にピンク・レディーの曲がチャートインしていたことを思えば、モンスターで一挙に短縮されたと言ってもやっぱり凄い記録だと思います。

さて、このモンスター、ピンク・レディーのブームを彩る意味でとても楽しく面白い曲に仕上がっています。
シングル曲でこれだけミュージカル仕立てのストーリーを演じるなんて素晴らしい。
何故って頭のワッハッハ・・から始まってモンスターが登場するイメージからサビで始まるメロディライン
のっけからガンガン責めてくる曲構成。
徐々にではなくいきなりモンスター!この私のかわいいひと〜という始まりで聞いている人たち見ている人たちに相当大の印象を与えていたと思います。

ただ、みんながおっしゃるように僕も当時、モンスターを聴きながら、濃い味が続くなあと思っていました。
ウォンテッド以降軽めの曲は少なくなり、それまでのS.O.Sや渚のシンドバッドのようなかる〜く聴けてしまうライトな曲はなく、常にインパクト優先で味の濃い焼きそばUFOが続くような印象を持っていました。
ちょっと、ここいらで野菜サラダでも食べたいなと思っても出てくる料理は味の濃い焼きそばUFOだったわけです。
結局、それでみんな喉がガラガラになりあっさりしたものを求めていたのかも知れませんね。
翌年、ライトなジパングを発売しましたが、その時には他のもので潤そうという気持ちがみんなのものに出てきてたのかも知れません。

やっぱり濃い味は続けて食べれませんから・・・

そんなこんなでピンク・レディーの濃い夏は過ぎていくのですが、この頃、後楽園球場での7万人コンサートを開催。
あのキャンディーズに対しての試みだったそうですが、この試みでピンク・レディーは世界へと羽ばたいていくのです。

※ps.この記事を書いている僕も実は相当濃い〜です(笑)
濃い〜の大好き!
だからピンクも大好きなのです(笑)





ピンク・レディー ベスト・ヒット・アルバム
ピンク・レディー ベスト・ヒット・アルバム