走れ!ピンク・レディー〜pinklady-MagicalKiss〜

”いつでもどこでもピンク・レディー”今年はピンク・レディーの活躍と同時期に活動したアイドルもこちらに掲載していきます。

ブログパーツUL5
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
SPONSORED LINKS
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
キャッツ★アイ
76年ピンク・レディーの登場とともにピンク・レディーに追いつき追い越せというB級亜流のデュオやらグループやらが多数登場した。
そんな中、そうだなあ77年の春頃かなあ
キャッツ★アイっていうデュオがデビューした。

今やものまね番組ってその道のプロがやるけどあの頃はごく普通の歌手たちもそろってものまねをやっていたなあ
このキャッツ★アイももちろんピンク・レディーのマネをしていた。
その衣装でCMなんかもやってた記憶がある。
どうみてもピンク・レディーだなあと想ってはいました。
ミーとケイならぬノンとナナだったと記憶してます。

曲は「アバンチュール」ってのがデビュー曲で2曲目が「めっきり冷たくなりました」
だったと思います。あ・・導火線てのも覚えてるタイトルだけはね。
歌はどれもまったく覚えてません。振りもね。
なんかキャッツ★アイっておったなあ・・て感じですけど・・・
でも、ピンク・レディーがその年の秋「ウォンテッド」を歌ってる頃にはもう姿を拝見しなかったと想うけど・・ってことはわずか半年くらいだったのかなあ・・・。


今CDなんか復刻してるんだろうか?
でもまあ曲がそんなにたくさんないからなあ・・
↓ありました〜
キャッツ★アイVSキューピット コンプリート・コレクション
キャッツ★アイVSキューピット コンプリート・コレクション
キャッツ・アイ,キューピット,藤公之介,B.アンダーソン,J.FARRAR,伊藤アキラ,荒木とよひさ,橋本淳,麻生香太郎,S.アンダーソン
でも、現在お取り扱いできませんだって・・残念

僕の中ではこのキャッツ★アイ
何故か胸が熱くなったことを覚えてるんです。
CCガールズの2人版みたいな印象でそりゃあご本家「ピンク・レディー」より美人だったような・・だからこそ逆にきれいすぎて面白くなかったのかも知れない。(笑)
(ピンク・レディーも美人ですよ〜  弁解?笑)

ピンク・レディーを目指したけど、結局ミーとケイにはなれなかったキャッツ★アイ
何年か後にアニメ主題歌で「キャッツ・アイ」がヒットしたとき、何故かこの二人組が脳裏を掠めたことは事実です。
スポンサーサイト
- | 21:42 | - | -
コメント
from: 美脚マニア   2015/12/08 7:16 AM
いや〜嬉しいですねキャッツアイ!トリオユニットではアパッチでしたがキャッツアイの大胆美的な振り付けにはその当時よりも今再度見てみたい感じがしますが
でも美脚であったこの2人以外にピンクレディを追い越せ感で組まされた2人組は沢山いたがキャッツアイの次をあげるならオーバーダンスのベイブでしょうか
美脚ではなかったですが足ばかりに目が行きましたね
でもこの時代にもう一度戻れるなればCCガールズ初代と2代目も特にモノマネでのCCは希望したい今日この頃
キャッツアイの導火線も見てみたい
コメントする