走れ!ピンク・レディー〜pinklady-MagicalKiss〜

”いつでもどこでもピンク・レディー”今年はピンク・レディーの活躍と同時期に活動したアイドルもこちらに掲載していきます。

ブログパーツUL5
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
SPONSORED LINKS
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
未唯mieさんお誕生日
おめでとうございます。
これからも益々、素敵でいてください。
ニュー・アダルト・ミュージックとMIE

1990年を挟んで前後、僕らが一番青春を謳歌していた頃のことである。
それまで日本人の好む大衆音楽として君臨してのは、歌謡曲であった。
それはなにも、今のように演歌とかポップスとかの区分けはなく、全てのヒット曲が歌謡曲という枠の中にあった。
それがこの1990年頃になるとそれまでのバランスが崩れ、年間のヒット曲の上位を占める曲はほとんどが新しい感覚の曲(ようするにポップスかな?)であった。
レコード大賞も演歌歌謡曲部門とロックポップス部門とに分けられ年間の頂点の曲が2曲になっていたのだから、今考えるととても不思議な時代だったと思う。
ちょうど、バブル絶頂期から破綻するまでのあの激しい変化のあった時代である。
そんな中新しく誕生した音楽ジャンルがニュー・アダルト・ミュージックなるものだった。
堀内孝雄のヒット曲あたりからそのような呼び方をされてきたわけだが、今現在そのような呼び方はなくなったのでは?ないだろうか?

歌Blogに書いたマルシアあたりもそれにあたる。
ケー・ウンスクなどもそうだし、けっこうテレサ・テン以降のいわゆる日本のドロドロした恋愛劇を歌った演歌的な世界をコブシなしでサラッと歌い上げる世界がニュー・アダルト・ミュージックだったのかも知れない。

そんな時代背景の中MIEちゃんが挑戦したニュー・アダルト・ミュージックの世界が以下に紹介する「ダイアモンド&ゴールド」なのだ。
おとなどうしという曲は当時第一興商のカラオケにも入っていて、画面みたさにリクエストしたこともあったな〜
世間的にヒット曲の常連にプリプリやらドリカムやらユーミンやらが名を連ねていた頃、MIEちゃんはこのアルバムをリリースしている。

それまで洋楽志向のMIEちゃんが挑んだ初めての演歌的な世界
ジャケット写真と曲の内容とのアンバランスさはご愛嬌といったところだろうか?(黛ジュンみたい 笑)
今の年になるとこのアルバムがけっこうハマッてしまっています。
なんか落ち着く音使いが多くてね。

ジンクスという曲が一番ニュー・アダルト・ミュージックしています。
作詩:売野雅勇 作曲:芹澤廣明 とくれば80年代のヒット曲を多く手掛けたコンビです。
中森明菜ちゃんの「少女A」を筆頭にアニメ「タッチ」の主題歌「タッチ」そして忘れちゃならないのが、チェッカーズの初期のヒット曲も彼らの作品でした。
(僕らの青春でしたね〜)
このジンクスはそんなイメージとは一新したイメージでバックコーラスがいやはや演歌してます。
チュッチュッチュッパヤ〜  てな具合です。
でも、次のシングル「平成粋女艶男」のカップリングに納められた「悲しいけれど」はまったくもってリズムパターンやアレンジがかなりチェッカーズしています。
小刻みに曲をリードするベース音がまさしくチェッカーズです。

けっこう新しい発見があるダイアモンド&ゴールド
MIEちゃんとしての歴史の中でこれもMIEの歌なんだと認識しています。
僕はけっこう好きなんですよ。

今現在では自分のらしい音を探しそして楽しんでいる未唯mieさん
これからもマイペースでの音楽活動を期待したいですね。

ダイヤモンド&ゴールドをお買い求めの方は以下のジャケットをクリックしてね。
では。       

ダイヤモンド&ゴールド+1
ダイヤモンド&ゴールド+1
未唯mie,片倉三起也,桜井鉄太郎,岩本正樹,松藤英男,売野雅勇,江戸緑,伊藤薫,岩里祐穂
JUGEMテーマ:音楽


BESTofMIE
20071107094703
未唯MIEちゃんの曲ってけっこう名曲多いんだよぬ
今回の復刻版で改めて認識

自分だけのオリジナルベストも作ったけど、入りきれなくて選曲に困りました。
ピンク・レディーとは違う未唯mieちゃんの曲が最近の僕の癒やしかなあ〜
さあ勉強しようっと今度の日曜が本試験だからね〜
Best of MIE
071106_2357~0001.jpg
オリジナルベストです。
いかがですか?
MIEのすべて

今日届いた〜
うれしい〜
MIEちゃんのすべてです。

I MY MIE[+1](紙ジャケット仕様)
MIE
I MY MIE
MIEのファースト「I MY MIE」がネットでも先行予約受付中です。

Hello!!PINK LADYには掲載しましたが、ビクターからは他に桜田淳子さんや岩崎宏美さんなども同じ紙ジャケット仕様で発売されています。

ピンク・レディーというブランドに比べてMIEというブランドになると要するにあんまり売れていないのでインパクトは弱いかも知れませんが、やっぱりそこはピンク・レディーファンの僕からすると気になる復刻版と言えます。

僕はもう予約しましたが、MIEのコレ以降のアルバムの中でもこのI MY MIEだけは他のアルバムと違う一種独特の雰囲気をかもし出していると言えます。
ファーストシングル「ブラームスはロックがお好き」と同じく全曲阿木-宇崎コンビの作品ということもありますが、ピンク・レディーを継承せず、あくまでも新ブランドMIEというブランドの確立を目指していたようにも取れます。

敵を食うにはまず己からというのか?分りませんが、山口百恵さんのメイン作家の起用はそんなところにあるのかも知れません。

結局、この路線はこの時だけにとどまりましたが、今となっては貴重な名盤と言えます。

自分探しの旅の序章とも取れる”I MY MIE”
知らない方(新しいピンクファンなど)是非新しいMIEちゃんの初々しい歌声を聴いて下さい。

特に貿易風は最高!

I MY MIE[+1](紙ジャケット仕様)
MIE
mie ing
未唯mieさんのニューアルバムが遂に発売されるっ!ってファンはとっくに知ってるよね〜(笑)

どんな内容なのか?とっても楽しみ。

・・・・でも、驚いたことがタイトル

えっ・・て

mie ing
っていうタイトル
たまたまだろうけど・・・僕はいっつもHPなんかでPINKLADY・・・ing
って書いてたから・・・なんか不思議なご縁を感じます。

ま、僕の独り言と思ってくれ〜

me ing me ing
未唯mie (2007/10/21)
インディペンデントレーベル

この商品の詳細を見る

I MY MIE〜ダイヤモンド&ゴールドまで
LPIMYMIE.jpg

先日、MIEちゃんのアルバム復刻の記事を掲載しましたが、何か嬉しいって気合の入ったファーストアルバム「I MY MIE」がリアルに蘇ることです。

ピンク・レディー時代、最大のライバルだった山口百恵さんを盛り立てていた阿木、宇崎、萩田のトリオが新生MIEちゃんをサポートしたアルバムなのですから・・・。
これが嬉しいのです。
抜群にいい曲が多く、1曲目の舞姫TONIGHTやAfter Five Friday、ラストの貿易風など・・聴き応え充分なアルバムです。

MIEちゃんの新しい風が聴こえてきそうな・・・ファーストです。

そしてケイちゃんのファースト「ひとりが好き」発売の頃、出されたのがコレ
LPMIELIVEs.jpg

MIE LIVE
A面がピンク・レディー時代ソロで歌っていたカバー曲B面がピンク・レディーメドレーとひとりピンクみたいなライブ盤ですが、コレも貴重な当時の風を感じることが出来ます。

ソロ活動で一番話題になった映画「コール・ガール」同じタイトルのアルバム
LPcallgirlM.jpg

CALL GIRL "from MIE to you"  もリリース
このアルバムも名曲が多く、ソロに入って彼女の方向性が見えてきたといえる作品です。
このアルバムを承継したのが移籍後大ヒットを飛ばした「NEVER 」を含む同タイトルのアルバム
NEVERa.jpg

NEVER
僕はラッキーなことに当時このアルバムをCDで購入していたのですが、再発売とまではいかず、入手困難な作品のひとつでした。
MIEちゃんの当時の姿も納めたDVD付き2枚組です。こりゃあ買い!

そして好きな方とそうでない方おられるでしょうが、MIEちゃんの歌謡曲路線の集大成
daiamondo.jpg

ダイヤモンド&ゴールド
も復刻です。


以上ミーちゃんからMIEとなった彼女のエンターテインメントの全てが来月発売されます。

全国の未唯mieさんファン、ピンク・レディーファン嬉しいですね〜



I MY MIE 他復刻
10月24日発売予定・・・で〜・・・
遂にMIEちゃんのビクター時代のアルバムが復刻します!

うれし〜

おまけに・・好きな人は好きそうでない人はどうか・・わかんないけど・・・
あの演歌路線のダイアモンド&ゴールドまで復刻!

特にビクター時代のファーースト「I MY MIE」はけっこうナイスな名盤なだけに!今回の復刻は本当〜に嬉しいです。

以前からBlogやHPで書いていましたが、ビクター時代のMIEちゃんのアルバムCDで復刻してほしいなあ〜と思ってたので特に嬉しいのです。

早く聴きた〜い
I MY MIE[+1](紙ジャケット仕様) I MY MIE[+1](紙ジャケット仕様)
MIE (2007/10/24)
ビクターエンタテインメント

この商品の詳細を見る

ブレイク・モーション(MIE&網浜直子)
brake.jpg
解散後のミーちゃんのたくさんあるシングルの中で当時、発売されなかったシングルにサンデンカーエアコンCMソング「ブレイク・モーション」がある。
作詩:森浩美 作曲:井上ヨシマサ 編曲:中村哲当時のアイドル網浜直子とのジョイントでありました。

作詩の森さんはビクター時代シングル「シャンプー」で作詩を担当していましたが、このブレイク・モーションでもダンサブルなナンバーを引き立てる詩を書いています。

作曲井上さんはあの当時人気のあった荻野目洋子さんの「スターダスト・ドリーム」も担当しており、売れ線狙いのキャッチーなフレーズが印象的です。

Aメロの歯切れのよいボーカルにCMで使用されたサビのドンブレーキュモーショ〜ンテュテュテュテュエ〜ンうおどって〜まで完璧売れ線狙いだっただけに発売されなかったのは残念でした・・・
当時、この曲をCMで聴いてどれほどレコード屋さんを探して回ったか・・・
今のようにネットが普及していた時代ではなかったので、頼りになるのは自分の足のみでしたから・・・

2002年にMIEさんのゴールデン・ベスト「ハレルヤ・ハリケーン」が発売されましたが、その中にこの曲が収録されていて本当に嬉しかった!

「ブレイク・モーション」が当時発売されなかったというのはその時、知った事実でした。

最近、よくこの曲を聴くのですが、MIEさんのソロになってからの曲はけっこういい曲多いんですよね。
ビクター時代ももちろん、その後のソニー時代の曲はどれも売れ線を意識した作りで、CMなんかとのタイアップも多かったし、アルバムもビクター時代からソニー時代まで4枚ありますが、できれば全部デジタルリマスターした音源で聴きたいものです。

今日はMIEちゃんの「ブレイク・モーション」についてでした。
MIEとKEIそれぞれのソロ活動はHP「OH!STEPピンク・レディーの楽しい道」のこちらから掲載しています。

※掲載のシングルジャケット写真はゴールデン・ベストより引用しました。
GOLDEN☆BEST/未唯 ハレルヤ・ハリケーン GOLDEN☆BEST/未唯 ハレルヤ・ハリケーン
未唯、MIE 他 (2002/06/19)
Sony Music Direct

この商品の詳細を見る